ホーム » 未分類

カテゴリー別アーカイブ: 未分類

艦隊これくしょんに見る事前準備の醍醐味、そしてツタヤのエロゲーに夢中

2013年にリリースされ一気にブレイクし、ブームが沈静化した今でも根強い人気を誇るオンラインゲーム「艦隊これくしょん」。

プレイヤーは「提督」となり、実在の軍艦をモデルとした「艦娘(かんむす)」を駆使してステージをクリアしていくというゲームです。

このゲームの少し変わっているところは、戦闘中はプレイヤーである提督はただ見ているだけだということ。「見ているだけなのになぜゲームとして成立するの?」という疑問が浮かびますが、それは「下準備」にウェイトを置いたゲームシステムだからです。

提督は出撃前に、艦隊を編成し、艦娘たちの装備を整えるのが仕事なのですが、このゲームはこの下準備によって戦果が面白いほど変わります。

編成の際、戦艦を多めに配備すれば艦隊の総合攻撃力が上がり、敵艦隊を撃破しやすくなりますが、潜水艦への攻撃ができないため、敵に潜水艦がいると一方的に攻撃されてしまいます。

また、軽巡洋艦や駆逐艦がいれば夜戦で有利になりますし、航空母艦や軽空母がいれば艦隊の攻撃命中率・回避率が上がります。

そして、艦娘ごとの装備によってさらに長所を引き上げたり、逆に弱点をカバーすることができるのです。これがもし、プレイヤーが直接操作するアクションゲームであれば、下準備が不足していても腕前でどうにかできるんですが、この作品では下準備だけが物を言うため、その部分で思案することの醍醐味について、改めて気づかせてくれるのです。

それはさておき、2015年にTSUTAYAからもオンラインゲームR18が公開されました。まだまだリリースされたばかりなので本数もジャンルも少ないですが、1つ1つのエロゲーはかなり完成度が高いものが提供されています。

僕は今、毎日ツタヤのエロゲーで遊んでいます。そこで得た知識をこれからツタヤのエロゲーで遊ぼうとする人に伝えたい為、「ツタヤのエロゲーで遊んでみた」というサイトを作っているところです。

 

DMM.18のエロかわマスター!は本当に無償?安全?

DMMからリリースされている「エロかわマスター!」というエロゲーは、なかなか品質の高いエロゲーです。おすすめです。

おすすめポイントとしては、

①エロボイス付き

可愛いオリジナリティあふれる女子がなんと千人以上も登場します。イラストは手抜き感がなく、DMMのエロゲーの中ではトップクラスだと言えます。DMMのエロゲーで絵が綺麗なのは?と聞かれたらベスト3の1つとして推薦します。

②ゲーム性も良い

ゲームの内容としては、アイドルものです。アイドルの卵を育成するゲームです。女の子を進化させるとエロボイス付きのエッチなシーンが楽しめます。本編だけでなく、随時イベントも開催されるので飽きさせません。イベント限定で登場する女の子とのハメハメもできちゃいますので楽しいです。

③多少やり込み必要

難易度は決して高くないので初心者にも人気ですが、エロシーンが見れるレベルまで行くにはなかなか根気がいります。

④課金は要らないと思うが…

無課金でも十分楽しめますが、やり込みが必要なので結構大変です。ランクの低い「N」のカードにはエッチなシーンが用意されていません。

⑤危険性はなし

Yahoo知恵袋で「DMMのエロかわマスターに登録しても大丈夫?」と質問している人がいますが、DMMは2014年実績で年間980億円も売り上げてる会社です。どれだけ国内でDMMのサービスを信頼して多くの人が利用しているか分かりますよね。

エロオンラインゲームの最近の動向

お金を使わずに遊べるオンラインゲームエロゲーを提供しているのは、DMM、にじよめ、TSUTAYAが最大手になります。それ以外ないと思うけど。

「にじよめ」はレンタルビデオショップや古着ショップ事業をやってるあのゲオの子会社が運営してます。

TSUTAYAはみんな知ってますよね。僕は企業の信頼性をはかる時に売上高を見ます。昨年の業績言うと、DMMグループが981億円、ゲオグループは591億円、CCCグループは195億円です。

こんだけ稼いでる会社が提供してるので安心して信用して利用してます。この会社の提供しているエロゲーは無料でも遊べます。「無料でどうして遊べるの?」と思うのではないかと思いますが、それは当然だと思います。本当に無料なの?と思うでしょう。ですので、正確に書くとするならば「無料でも遊べるエロゲー」です。

前述した3社のオンラインゲームは、登録無料で遊び始めることができ、ゲームで遊び始めた後もお金を使いたくなければ使わなくても十分楽しめるようになっています。

パズドラやモンストやキャンディークラッシュやツムツムと全く同じです。それらは課金をしなくても遊べますよね?課金が強制でもないです。ただ、アダルトというだけです。

もちろん課金すればより楽しく遊べます。DMMやTSUTAYAの18歳以上を対象としたアダルトなオンラインゲームも同じく、課金をすれば楽しめます。

でも、無課金でもゲームは進みますし、Hシーンは見れます。

ただ、ゲームのスペックはそのゲームを製作している会社毎に違いますので、中には課金しないとゲームの難易度的に進めにくいとか、エッチなシーンを見にくいという差異は若干あります。

ということで、お金があまりない人やお金をかけたくない人は、課金をするのは控えて遊べばいいだけです。

エロゲーに限りませんが、世の中のオンラインゲームユーザーのうち7割は無課金ユーザー、2割は微課金ユーザー、1割は廃課金ユーザーだと言われています。

廃課金ユーザーとは、オンラインゲームで普通の人では考えられないくらいに課金をする人のことです。オンラインゲームが運営を続けられるのはこの廃課金ユーザーと微課金ユーザーの人達がいる為です。

とはいえ、では無課金ユーザーは運営する会社側にとって邪魔な存在かと言うと、実はそうではありません。

廃課金ユーザーは無課金や微課金ユーザーがいるからこそ、自分達の自己顕示欲を満たせる訳で重要な存在です。それは運営側にとっても重要です。

同じ会社のオンラインゲーム好きな女とヤレそうだった

僕には同じ会社で勤務地が違うんだけど仲の良い女子社員がいる。

その子は僕が開発したシステムの利用者さんで、問い合わせや質問に答えるサポートをしているうちにだんだん親密になって、今はかなり仲良くしている。

その女の子とこの間出張に行った時に事務所で偶然ばったり遭遇し、会話が弾み、退社後にのみに行くことになった。

昼休みに急いで店を調べて予約し、おしゃれで、クチコミもなかなか良い、こじゃれた隠れ家的なレストランだった。

その女の子は実は僕より背がすらっと高く、モデルのようなスタイルをした女の子で、色白で目がくりっとして非常に男性社員に人気があるらしい。そこの個室を予約した。

それだからか結構高飛車な感じの雰囲気を持っている女の子。僕はあわよくばヤレないかなぁと常々思っていた。

そこでネットで高飛車女を口説き落とすテクニックをいろいろ常日頃から調べていた。

そこで会話のテクニックで、会話をするだけでどんなに高飛車なオンナでも欲情させて、エッチまでもっていける暗示方法を知った。

ただし、「欲情させる」暗示を使った会話を自分のテクニックにするには、正しい知識と方法を知らなければうまく使いこなすことができないらしい。

その正しい方法としては、たった3つ守る事があり、それさえできれば暗示のきっかけを作ることが出来るそうだ。

そこでその暗示法がどれだけ簡単でどれだけ効果の高いものなのかを試してみた。内容はここでは書けないが信じられないと思うけど、本当に話の流れがエッチな方向へと進んでいった。

何でもその子は前に付き合っていた彼氏と1日で最高7回エッチしたらしい。寝る、起きる、セックスをひたすら繰り返して1日で7回。しかも驚いたのは、その子は酒を一切飲めない。

つまり、酒を飲まないでそんな衝撃告白をしてくれたっていう・・・。

女性は本来、淫乱な生き物だそうで、でも、当然だけどその気持ちを隠してます。隠していた淫乱な部分をうまく引き出してやると、そんな会話もポロっと出てくるらしい。

今回暗示を使った会話をしてみたらまさにそうだった。そのエロい部分を引き出してやるだけで、高飛車なモデル女の性欲が爆発しちゃった感じ。

この暗示法はちょっとここでは書けないので、申し訳ないけど、他の人も試してみたいならば、自分で調べてやってみると良いと思った。会話術で人って変わるんだなぁ。。

その会話術は女性と会話をするだけで、女性に暗示がかかり勝手に欲情し、簡単にSEXする事が出来てしまう。

ただただ会話をするだけで、女性の心も体もあなたは支配する事ができちゃう。

そのエッチな会話に始まり、どんな体位が好きかとか、1回のセックスはどのくらい時間をかけるかとか、セックスは何回目のデートで解禁するかというよな話までした。

もちろん下ネタばっかり話していたわけじゃない。彼女はゲーマーで会社のストレスを家でオンラインゲームをすることで発散している。これは前から知ってた。

だから今回そんなにエッチなことも話せるならと無料で遊べるオンラインゲームを教えてやった。彼女はその存在を知らなかったようで興味津々。

女の子のカードの絵柄がだんだんエッチになるのに「えーーー!すごーーい」「あ、おっぱい出ちゃった」などと言い、エロシーンに突入してエロボイスを聞かせてやったら「こんな声実際のエッチで女は出さないよ」とケタケタ笑ってた。

あまりに気にいったようだったのでこのサイトを教えてやった。

その後、彼女が1杯だけとカクテルをオーダーして、少し酔いが回ったかなぁってくらいに俺はこう切り出した。

「Aちゃんさぁ、俺とエッチしてみたくないー?」

すると

「えー!いきなり何いってるんですかぁ」

と笑いながら返してきた。そんなに悪い感じではなかった。

「だよねー?でもAちゃんめちゃ美人でスタイルいいしさー、彼氏羨ましいなーと思ってさー」

と言うと、

「彼氏いませんよー別れちゃったばっかだし」

と。最近別れたらしい。そこから別れ話をいろいろ聞いてその会話はそこまでで終わった。で、会計をして僕が宿泊予定のホテルまで行こうとすると、

「なんかまだ帰りたくないなー」

と言いだした。どうやら一人の部屋に帰るのがさみしくて嫌らしい。

「いやいや、電車なくなるし帰らんとだめだよ」

と言うと

「まじめかっ!」

と酔っぱらってる様子。

「まじめだわ!笑」

と返したら、

「えー帰らないといけないのー?ちょと●●さんの部屋寄っちゃダメなのー?」

と返してきたので、

「そんなもんダメにきまってんだろー笑 俺、マジで襲うで?」

と言ったら

「別に●●さんは襲わないから大丈夫!でも襲うなら襲うでもこの際いいよー」

と。ええ?これもしかしてヤレるのか???と思ったが、俺は妻子ある身。

「いやダメだろ」と苦笑いしながら彼女を駅まで送って終わり。

もしかしたら次会った時にはこれはヤレるかな・・・

エロゲームこそ全て

最近の、というか、ここ5年以内、会社をやめ、掛け持ちしているアルバイトで稼いだわずかばかりの金で生活をし、汲々として暮らし、家賃4万5千円のぼっろぼろの築一体何年なんだっていう軽量鉄骨のアパート暮らし。

そんな男に女の存在なんかあるわけもなく、彼女なんて存在は生まれてこのかたできたことがない。唯一できたのは夢の中だけ。おっぱいとかケツとか触りてーけど、昔一度だけ会社勤めしていた時に先輩社員に忘年会の二次会で連れて行ってもらったオッパブの時に一度きり。どんだけ女体に縁がねーんだよ俺は。

唯一の楽しみがオンラインのエロゲームだけ。満喫やスマホでオンラインのエロゲームをちょっとやってエロシーン見るのが俺の楽しみ。エロゲーはいちいち相手の感情気にしなくていいからいい。楽ちんだ。

アドベンチャーゲームならシナリオ読んでいけばいずれエロシーンに巡り合えるし、1日1日5話ずつお金をかけずに無料で読み進めてようやくエロシーンにたどり着いた時にはなかなか感動できる。ただ、DMMの兄嫁の淫穴はがっかりしたな。

あれって最初のエロシーンまでは無料で見れてもそれから先は金が必要って…。あほか、金ないからやってんのにな。アメノムラクモが許さなかったんだろうか。そもそもダウンロード版でもパッケージ版でもそんなに高くないエロゲーなんだから他のアドベンチャーゲームと同じ、1日5話まで無料、毎朝4時にシナリオチケット5枚配布にしてくれりゃええやん